債務整理中でも融資可能なのか?

債務整理中でも融資可能なのか?

基本的には融資はできない

債務整理には任意整理や民事再生、そして自己破産という3種類がありますが、これらを法的に行うと顧客信用データベースへ事故記録として記載されることになります。事故記録は5年から10年間は残ってしまうため、この期間はローンやカードの申し込みをしても「返済能力なし」として審査落ちする確率が高くなってしまいます。近年では債務整理中でも融資可能な金融会社はあるようですが、一般的な金融機関から借りることはかなり難しいと言えるでしょう。

債務整理をするメリット

債務整理をするということは、借金をしている側にとっては借金を減額できたり、場合によっては借金がゼロになって返済義務から解放されるなど、経済的に大きなメリットがあります。多重債務者を合法的に救済するための解決策なので、利用するべきではないというわけではありません。しかし、自分の都合で作った借金を簡単に減らしたりゼロにできたのでは、債権者にとっては踏んだり蹴ったりですし、そういう利用者にはお金を貸したくないと考えても当然ですね。そこで、顧客信用データベースが登場します。顧客信用データベースは、金融機関に借入の申し込みをすれば、かならず最初に情報照会されるもので、利用者の現在の借り入れ状況や返済状況、事故記録などが全て記録されています。債務整理をした経験がある人にとっては、このデータベースに事故記録があるので、金融会社にとっては「もしかしたらまた借金を踏み倒されるのではないか」と懸念材料になって審査落ちすることになります。

債務整理中でも融資可能な所は要注意

金融機関の中でも、銀行や大手消費者金融などは、債務整理中には借入の申し込みをしてもかなり高い確率で審査落ちしてしまいます。それは決して異常な状態でなく、債務整理についているデメリットなのです。しかし、そんな状況でも簡単に融資をしてくれるような金融業者は気を付けなければいけません。金融業者へ借り入れを申し込むと、最初に必ず審査が行われますが、闇金などは審査をおこなわなくても取り立てや回収に絶対的な自信があるため、他の金融機関では借りられない人でもお金を借りることができます。債務整理中でも融資可能な所は、すべてが闇金というわけではなくても、闇金ではないかと疑ってかかることはとても大切なことなのです。

借りにくさに拍車がかかる現況

経済的に先行きが明るくない昨今においては、お金を貸すなら確実に返済してもらえる人へできるだけ高い利息で貸したいものです。停滞しているのは国の経済だけでなく、それぞれの金融機関も経営難に陥ったり、どこの厳しいのです。都市銀行でも合併などで生き残りをかけて必死ですし、そんな中、債務整理中という事故記録を持っていない人でも審査が厳しくなって借りづらくなったということはあるようです。顧客信用データベースがクリーンな人でも借りにくければ、債務整理中の人が借りにくいというのは、ある意味、仕方がない事なのかもしれませんね。

無審査の商品を狙おう

債務整理中でも融資可能というと言葉に語弊がありますが、債務整理中でもクレジットカードを一枚も持たずに生活することは、想像する以上に大変なものですし、時間や手間がかかることも多いものです。そのため、債務整理中でも気軽に生活を便利にできるカードを持ちたいという場合には、申し込みの時に審査が行われないプリペイド式のカードを利用する方法がおすすめです。プリペイド式は、あらかじめカードに入金しておき、残高を上限としてクレジットカードのように使える便利なカードです。残高がなければ使えないので、借りすぎて返済できない心配がありません。

また、最近では銀行口座を開設するとデビットカードを発行してもらえることも多くなっています。デビットカードも銀行口座の残高が上限で使えるカードで、審査がないので、債務整理中でも作ることができます。

交通事故に強い弁護士費用比較はこちら

↑ PAGE TOP